FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しのお知らせ 


ブログを引っ越しすることにしました。

新しいブログはこちらです。『バナーマン家』

引き続きよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

子ども4人のママになります 

そうそう、子ども4人のママになる予定

42歳にして再び妊婦? な〜んてカミングアウトではないけどね。

来週1週間限定の4人の子持ち。

アメリカに在住する甥っ子(12歳)が1週間うちにホームステイするだけ。

別の甥っ子(現在14歳)が10歳のとき、うちに10日間くらいいたけど、あれはテルの生まれる前だから4人にはならなかった。

つい2、3日前にホームステイの話しが出て、話しがどんどん進み、

昨日はうちの自治体の学務課で転入届を出し、甥っ子を連れて小学校へ面接に行って来た。

良く受け入れてくれたものだわ。さすが義務教育

中学生になるとこんな短期の編入は受け入れないらしいから今年限りだね。

月曜日から金曜日までなんだけど、来週の土曜日は学校公開で授業参観があるから6日間。

担任の先生に「何が楽しみ?」

甥っ子「給食!」と元気に応えてカワイイ。

担任の先生「どうして?」

甥っ子「アメリカのランチは汚い」

甥っ子のママ「”汚い”じゃなくて”まずい”とか、”おいしくない”でしょう」

う〜〜〜ん、言葉はかなり怪しい?

こんな間違いなんかにちっともめげないし、全く知り合いがいないクラスにぽ〜んと入れられることをすっごく楽しみにしている甥っ子君。

かなり大物。

一緒に学校に通えるグレコもチョピーはものすごく喜んでいるけど、

うちの名字の子が学校で3人になる。変人家族というイメージがさらに固定されるのは間違いないね。

グレコの人生設計が危険すぎる件 

グレコが学校の図書館から借りてきた本がこちら↓


「夢をかなえるひみつ」(学研のひみつシリーズ)

へ〜、おもしろそうな本だなと思っていると、

グレコがこの本を参考にして作ったライフプランを見せてくれた。

グレコ「ママ、これが私のライフプラン」

えっ? と思ってその表を見てみると

2017年 中学入学 13歳
2020年 高校入学 16歳
2023年 大学入学 19歳
2026年 けっこん 22歳 (パイロットの仕事を始める)
2031年 ひとり目の赤ちゃん 27歳
2035年 双子の赤ちゃん 31歳
2037年 4人目の赤ちゃん 33歳

子どものおけいこは
女の子は、バイオリンとお絵かき
男の子は、バイオリンとソフトボール

以上。

現在自分がやってるおけいこを子どもにやらせたいというのは、はっきり言って嬉しいというよりホッとした

自己肯定感があって、今後ちゃんと続けてくれそうな気がするし、

何よりも親の自己満足で無理にやらせているのでは? という罪悪感がうっすらあったからね…。

おけいこはそれで良いとしても、

子ども4人って…。

しかも職業はパイロットなら、いったい誰が育児を? 

はっ! もしかしてアタシ?

このプランは危険すぎる! 

とりあえずこの本にはなんて書いてあるのかと思って読もうとしたら、もう図書室へ返したあとだった。

しょうがないから地域の図書館で同じ本を予約した。

熟読してグレコと話し合いをしなければ! 

それにしても、2030年代とか未来過ぎ…。

月曜なのにケークサレ 

パパの夕飯がいらない月曜。

思いっきり手抜きメニューもできればチャレンジメニューもできる。

大概は手抜きメニューに走ってしまうけど、冷蔵庫には友人にいただいた新鮮なそら豆があるし、スーパーで見つけて衝動買いした白い生アスパラもある。

この材料なら、以前からず〜〜〜っと作ってみたかったケークサレにぴったり!

レシピだってもうずっと前から探して保管してあるから、

週明けのだるい月曜の夜だけど、ついついチャレンジメニューに挑戦。

まっ、こんな小さなチャレンジで気分転換できるし。

初めてのケークサレはこちら↓

写真-12

子どもたち全員に(←これ重要)大ウケ〜〜〜! 

一瞬、豆乳嫌いのテルが匂いを察知して拒否しかけたけど、ケチャップでごまかしたら完食。

材料はキッシュに近いけど乳製品なしだし、パイ生地も要らないからかなり簡単なのにちょっと豪華に見えるのがいいね〜。

<ケークサレ>

材料:

粉のボール
・小麦粉 200g(気持ち多めで)
・ベーキングパウダー 小さじ2
・塩(岩塩を使った) 小さじ1


液体のボール
・卵 3個
・オリーブオイル 大さじ2
・豆乳 100cc
・水 150cc


野菜
 お好みで(レンジで加熱して若干柔らかく)
今回は、ブロッコリー、白アスパラ、そら豆を

肉系
 お好みで、ハム、ソーセージ、ツナ、ベーコン
今回はソーセージとツナ缶


作り方:
1、粉のボールを混ぜておく
2、液体のボールを混ぜておく
3、1と2を混ぜる(かなりゆる〜い生地)
4、型(今回はパウンドケーキの型)に3を半分流し込んで野菜や肉類を適当に並べて、残りの3を流し込む。
最後にブロッコリーやプチトマトなんかを見栄えがいいように上面に配置しておく
5、180℃のオーブンで30分焼く
6、串を刺してみてすっと抜けたら焼き上がり(べたっと付いたらもう少し加熱)


今回は型紙を入れて型から外したけど、容器に入れたまま取り分けるって方法もあるね。

さっ、覚え書きのブログもアップしたしもう寝よ。





 

うちの child labor(児童就労) 

先日書いた1回50円のお仕事、本当に助かっている。

小学生も平日はなかなか忙しいから、毎日仕事はやってられないけど、

グレコもチョピーも報酬を得るお仕事で、お金の価値について考えているよう。いいことだ。

チョピーはまだ算数がよく分からないから、いつも10円玉でお支払いしている。

そうすると、10円まんじゅうを5個買える! って考えて分かりやすいみたい。

チョピー「チョピーね、十円まんじゅうが15個も買えるよ!」とか言って小躍りしてるし。

一方のグレコ、企画提案をするようになった。

グレコ「ママ〜、テルの上履き(金曜日の夕方)を私が洗ってあげようか?」

アタシ「あ〜〜〜いいね!それすっごく助かる! じゃあ50円でお願い」

これってChild labor (児童就労)? まっ、社会勉強ということで。

先日のこと、へんな場面を目撃。

グレコがテルにお金を払ってる! なんで?

グレコ「良くやったね。はい1円。ちゃんと自分のカバンに入れてきて!」(たまに奮発して10円あげるときもあるんだって)

アタシ「なんでテルにお金をあげたの?」と聞いてみると、

グレコ「だって、いつも私がやってあげるシャンプー(←グレコの役割)を自分でやったからそのご褒美」

ふ〜〜〜ん、これってどうなの? と思ったけど、まぁ自由にやらせとこ、とスルーした。

あぁ、それでテルの保育園用のリュックの底に1円やら10円が入っていたんだ。

なんでこんなところにお金が? と思ってそのお金はアタシのおサイフへ。

これはグレコには言えないね…。

食育って言葉はあるけど、子どものお金の教育って言葉はあったかな? と調べると、金銭教育みたい。

金育はちょっとね…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。